投資顧問は利用するのに値するのか

自分の力で価値が上昇していく株を見つけるには、投資について勉強をする必要があり、時間がないサラリーマンなどには大変でしょう。
そんな時に役立つのが投資顧問ですが、顧問料などが必要なため、コストパフォーマンスに不安があるという人も少なくありません。
確実に利益が出るという確信がなければ、投資顧問を利用するのは躊躇ってしまうのではないでしょうか?
今回は、投資顧問は利用するのに値するのかをご紹介していきましょう。

投資顧問を利用するメリット


・値上がりする銘柄を教えてもらえる
・売買のタイミングに困ったりしたら相談ができる
・株式市場の最新情報やトレンドを配信してもらえる
・自分で銘柄を探したり、勉強する手間がはぶける

上記のメリットが挙げられ、勝率アップだけでなく時間の節約も可能です。

投資顧問を利用するデメリット

1、顧問料を支払わなければいけない

投資顧問を利用するためには、月額の顧問料を支払う必要があり、月額およそ10万円ほどかかります
しかし、この顧問料は優良な投資顧問会社であれば利益で賄うことが可能なので、デメリットにはなりません。

2、損失になることがある

投資顧問選びを間違えた場合に発生しがちなケースですが、悪徳の投資顧問を選んでしまうと当たらない銘柄を紹介されて利益が出ない場合もあります。
利益がないのに顧問料も支払わなければいけないため、投資顧問会社選びは慎重に行いましょう。

費用対効果


自力で株式投資を運用していて年利30%を出せているのであれば、投資顧問の手を借りる必要はありませんが、年利30%出せる投資家は全体のおよそ2、3割しかいないのではないでしょうか?
年利が低い場合は、投資顧問を利用した方が利益が見込める可能性があるため、投資顧問を選ぶ際には費用対効果の高い会社を選びましょう。
その際には、推奨銘柄の的中率が高く、きちんと利益が発生する投資顧問を選ぶ必要があります。
また、悪徳な投資顧問を選ばないためには、色んな口コミサイトを見てまわり、自分で無料会員登録をして体感してみることをおすすめします。

自分で年利30%の成績を出せるのであれば、投資顧問を利用する必要はないでしょう。
優良な投資顧問を見つけることができれば、デメリットはほぼなく、TMJ投資顧問のような優秀な実績を持った代表な投資顧問会社だと安定して利益を得られるでしょう。
金商登録がされていない投資顧問会社は、悪徳な可能性があるため、避けなければいけません。
優良な投資顧問を利用し、資産運用してみるのはいかがでしょうか?